HOME >ヨシエ・イナバ
head_img_slim

ヨシエ・イナバ

ヨシエ・イナバのデザインには、上質な中にもシンプルでスタンダードな美しさがあります。


生き生きとした人生を楽しむ大人の女性の服

ヨシエイナバ(稲葉賀恵)は、1939年に東京都に生まれました。
文化学院美術科卒業後、原のぶ子アカデミー洋裁学園で学び、その後オート・クチュールのアトリエを開きます。
1970年に大楠裕二らとともに日本のデザイナー・ブランドの先がけである(株)ビギを設立。1972年にブランド、モガを発足します。
また、1981年には、ブランド「ヨシエ・イナバ」を発表し、この年にFEC賞を受賞しています。
その後1984年に「ヨシエ・イナバ・パルファム」を発表。1988年には快適さをテーマとしたカジュアル・ウェアのブランド、「レキャップ・ヨシエ・イナバ」を発表しています。
また、近年では、日本航空や日本アジア航空、東急電鉄の制服なども手がけるほか、オリジナル・ジュエリーのデザインも手がけています。

ヨシエ・イナバのデザインは「粋でシックな大人の女性」をテーマとしたもので、上質な中にもシンプルでスタンダードな美しさがあります。
同世代の女性に向けたデザインがメインで、ヨシエ・イナバのデザインを一言で言い表すとすれば、「生き生きと人生を楽しむ大人の女性の服」と言えるでしょう。
着る人の個性を引き立たせ、人生を何倍にも楽しいものにしてくれます。

ヨシエ・イナバのデザインの特徴

ヨシエ・イナバのデザインは「粋でシックな大人の女性」を表現したものが多く、40代~70代の中高年・シニア世代の女性には違和感なく着こなせます。
カッティングにもこだわり、上質でシンプルな中にも着る人の個性をよりくっきりと引き立たせ、人生そのものを輝かせてくれます。

ヨシエ・イナバをネットから購入する事ができます

◆ヨシエ・イナバをヤフーショッピングで見る

◆ヨシエ・イナバを楽天市場で見る

スタンダードなデザインが多いので、飽きることなく、長く愛着を持って着ることができるのもヨシエ・イナバのデザインの魅力です。

スポンサーリンク



ページトップに戻る