HOME > ブルガリ
head_img_slim

ブルガリ

ブルガリのデザインは、古典とモダンが見事に融合しています。


美しくエレガントなファサード付きインテリアのジュエリー店

ブルガリの創業者、ソティリオ・ブルガリは1857年、ギリシャ・カラリテス地方のエピルスという小さな村で、生まれました。
代々銀細工師の家に育ったソティリオは、幼い頃から金銀細工に興味を示し、ローマへ移った後にトリニタ・デイ・モンティで銀細工の商いを始めました。

1884年にローマのヴィアシスティーナに最初の店をオープンしましたが、現在、この店はブルガリ本店として位置づけられています。
その後、息子のコンスタンティノとジョルジョの協力を得て、腕時計の開発にも着手して行きます。
1905年にはコンドッティ通り10番地に店を移転しますが、これが現在のブルガリの本店となっています。
1932年にソリティオが死去しますが、ふたりの息子が1932年にコンドッティ通りの本店を改装。この時には、当時最も権威のある百科事典「トレカンティ」に「美しくエレガントなファサード付きのインテリアのジュエリー店」として店が紹介されました。

1970年代に、パリ、ニューヨーク、ジュネーブなどに出店。1977年には、腕時計の人気ライン「ブルガリ・ブルガリ」を発表しました。
1993年、グリーンティーをベースにした、初の香水「オ・パフメ」オーデコロンを発売。1994年には香水「ブルガリ」を発売するなど、香水の分野にも積極的に進出して行きました。

1998年には、アルミニウムとラバーを使用した「アルミニウム」ウォッチを発表し、世界的に大ヒットしました。2000年代に入ると、時計ブランドのダニエル・ロート、ジェラルド・ジェンタなどを傘下に収め、企業グループとしての規模を拡大して行きました。2005年には、建築のテクニックをイメージさせる時計ライン「アショーマ」を発表しました。

現在はソティリオの孫に当たるパオロ・ブルガリとニコラ・ブルガリが引き継いでおり、腕時計や香水の他にハンドバッグや財布なども取り扱っており、リゾート・ホテルの経営にも乗り出しています。

ブルガリのデザインの特徴

ブルガリは、ギリシャやローマの古典主義、イタリアン・ルネッサンスの影響を強く受けた、高級ファッションブランドです。
ブルガリの財布や腕時計のデザインは、シンプルでありながら斬新で個性的です。さらに、実用性や機能性も備え、気品があるため、年齢を問わず身につける事ができます。

また、ブルガリのジュエリーは、銀細工を家業としていた頃の伝統的な手法が取りいれられ、アンティークな部分とモダンな部分が見事に融合し、独特の雰囲気を醸しています。特に「BVLGARI」の文字が入ったリングは、ゴージャス感と気品の良さが感じられ、中高年・シニア世代の女性にも人気となっています。


ブルガリをネットから購入する事ができます

◆ブルガリをヤフーショッピングで見る

◆ブルガリを楽天市場で見る


ブルガリは、財布や腕時計、ジュエリー、香水とトータルなファッションを楽しむ事ができるブランドです。

スポンサーリンク


ページトップに戻る