HOME > ティファニー
head_img_slim

ティファニー

人生の節目に幸せを分かち合う時にはいつもティファニーがある


キング・オブ・ダイヤモンド、ティファニー

ティファニーは1837年に、チャールズ・ルイス・ティファニーが父親から借りた1000ドルを資本に、同級生のジョン・ヤングとともに文房具と装飾品の店、「Tiffany&Young」をニューヨークにオープンしたのが始まりです。開店当時は文房具やヨーロッパ、アジアの骨董品を取り扱う店として、注目されましたが、初日の売り上げはわずか4ドル98セントだったそうです。

19世紀半ばは、アメリカが農業中心の社会から、工業と都市中心の世界へと変革するに伴い、富裕層が登場しはじめましたが、時流をつかんだチャールズは、ティファニーをファンシーショップからジュエリーショップへと移行させました。そして1845年には「Tiffany,Young&Ellis」社として、郵送で通信販売を行うための「メール・オーダー・カタログ」を初めて発行しました。

1848年、二月革命から逃れたフランス王室からダイヤモンドの王冠を購入したことから、「キング・オブ・ダイヤモンド、ティファニー」との賛辞を贈られました。このダイヤモンドの王冠は、ヨーロッパからアメリカに最初に渡った重要な宝石として記録され、ティファニーは、アメリカを代表する宝石商としての地位を確立しました。

1851年には、ニューヨークの著名な銀細工師、ジョン・C・ムーアの事業を買収し、銀製品の製造を開始しました。1853年、チャールズ・ティファニーは共同経営者達から経営権を買い取り、社名を現在の「Tiffany&Co.」に改称、ニュヨークのブロードウェイ五番街に移転しました。本店の入り口にはギリシャ神話の巨人、アトラスに支えられた大時計が設置され、ティファニーブルーと呼ばれるブランドカラーが使われました。

1861年、アブラハム・リンカーンの大統領就任式で授与されるピッチャーのデザインを手がけ、1867年にはパリ万博で、アメリカ企業として初の銀器部門優秀賞を獲得しました。

1902年、チャールズの息子ルイス・コンフォート・ティファニーが社内にアート・ジュエリー専門部門を創設し、この部門で革新的なジュエリーとエナメル工芸美術品を製造する事になりました。

1958年、トルーマン・カポーティの「ティファニーで朝食を」が出版され、1961年にオードリーヘップバーンの主演で映画化されました。
1980年には、パブロ・ピカソの娘、パロマ・ピカソがジュエリー・コレクションを発表し、1986年に第2次世界大戦から閉店していたロンドン店をオープンしました。1987年、ニューヨーク証券取引所に上場を果たしました。

ティファニーのデザインの特徴

ティファニーと言えばマリッジリング(結婚指輪)やエンゲージリング(婚約指輪)が有名ですが、大人の女性のためのリングもあります。
Tiffany Celebration Ring(ティファニー セレブレイションリング)というもので、シンプルで洗練されたデザインのリングに、宝石がリングに沿って埋め込まれています。「人生の中での記念の節目となるときに、その思い出を永遠に煌くリングに代えて」というメッセージが込められており、中高年・シニア世代の女性が自分のためにも持ちたいリングです。

ティファニーをネットから購入する事ができます

◆ティファニーをヤフーショッピングで見る

◆ティファニーを楽天市場で見る

ブランドカラーのティファニーブルーは、現在もギフトボックスやショッピングバッグに使われていますが、それだけでも宝石のような美しさがあると言われます。
また、ティファニーのジュエリーには、それぞれの製品にデザイナーの名前が彫ってあります。

スポンサーリンク



ページトップに戻る