HOME > スワロフスキー
head_img_slim

スワロフスキー

スワロフスキーのクリスタルは透明度が高く、光の反射により、虹色に見える事があります。


光沢が美しくオーロラのように輝くクリスタル

スワロフスキー(Swarovski) は、1895年にオーストリアのチロルに創立されたクリスタルガラスの製造会社です。創業者のダニエル・スワロフスキーは、チェコのガラス研磨工場で働いていた経験を元に、ジュエリーストーンをカットする機器を発明しましたが、それが独立のきっかけになったと言われます。

1895年、ダニエルは発明したカットマシーンの動力を確保するため、オーストリア・チロル州のワテンズにクリスタル工場を開きます。
その後、ガラス原料の生産からクリスタルの生産まで、自社で一貫して製造できるシステムを構築し、溶解炉や研磨工具なども開発し、現在では自社ダムまで持っています。

1956年にクリスチャン・ディオールと共同で、光沢が美しくオーロラのように輝くクリスタルAB(Aurora Borealis)を開発しました。その後も、スワロフスキーのクリスタルは、ジバンシー、エマニュエル・ウンガロ、ドルチェ&ガッバーナ、バーバリー、ヴェルサーチ、プリングル、アルマーニ、ソマルタ、プラダ、ブルガリ、ジョナサン・サンダースなど様々なファッションデザイナーに使用される事になります。

1977年には初のジュエリーコレクションを発表し、1987年にはコレクターのために、スワロフスキー・クリスタル・ソサエティを設立します。また、1993年には、クリスタルを細かいメッシュ織り込んだクリスタル・メッシュを開発しました。
1987年、世界中のクリスタル愛好家達により「スワロフスキー・コレクターズ・ソサエティ(SCS)」が発足。現在は25カ国で30万人近くの会員がおり、会員だけが購入できる特別製品も販売されています。

創立100年を迎えた1992年には、インスブルック・ワテンズにミュージアム「スワロフスキー・クリスタルヴェルテン」をオープン。2003年12月にリニューアルしてからは、年間60万人が訪れるようになっています。

スワロフスキーの特徴

スワロフスキーのクリスタルガラスは、通常のクリスタルガラスに比べ、酸化鉛が最低32%以上も多いため、透明度が高く、他よりも輝いて見え、光の反射加減により虹色に見えることがあります。

白鳥をあしらったスワロフスキーのシンボルマークは、クリスタルガラスの純度の高さと透明度の象徴と言われます。

すぐれたカット技術、研磨技術から生まれるスワロフスキーのクリスタルアクセサリーは、「第二のダイヤモンド」とも呼ばれ、世界中の女性を魅了し続けています。年齢を越えてピュアな心を持ち続ける女性にふさわしいジュエリーと言えます。

スワロフスキーをネットから購入する事ができます

◆スワロフスキーをヤフーショッピングで見る

◆スワロフスキーを楽天市場で見る

手間のかかる手法で生産されているにもかかわらず、手軽な値段で購入する事ができるのも、スワロフスキー・ジュエリーの人気の秘密です。

スポンサーリンク



ページトップに戻る