HOME > ヴィヴィアン・タム
head_img_slim

ヴィヴィアン・タム

ヴィヴィアン・タムは、東洋と西洋が融合した新しいデザインが特徴です。


纏う人が自分自身の新しいイメージを表現できる服

ヴィヴィアン・タム( Vivienne Tam 中国名:譚燕玉)は中国の1956年、広東省生まれのファッション・デザイナーです。
幼い頃からファッションに興味を持ち、わずか8歳の時には、家族の服を作る母を見よう見まねで、兄弟が新年に着るための服をデザインして作っていたというエピソードがあります。

香港理工学院(Hong Kong Polytechnic University)卒業後、デザインを学び、1981年にニューヨークに渡ります。1983年、ニューヨークで初コレクション「イースト・ウィンド・コード(EAST WIND CODE)」を発表します。この時の東洋と西洋が融合した新しいデザインを、高級デパートヘンリー・ベンデル(en:Henri Bendel)のバイヤーが採用したことがきっかけで、人気を博して行きます。その後、 1990年に自分自身の名を冠したブランド「ヴィヴィアン・タム」を設立しました。

ヴィヴィアン・タムのデザインは、オリエンタル柄を取り入れたアジアテイストのカラフルなデザインが特徴ですが、1995年に「毛沢東」をテーマとして取り上げたコレクションを発表、1997年には「仏陀」のイメージを取り入れたファッションを発表して話題となりました。
1997年、ニューヨークのソーホーにショップをオープン。1999年に、日本に上陸し、神戸に路面店をオープンし、2000年には、東京に路面店をオープンします。
2001年より、セカンドライン「VIVIENNE TAM RED DRAGON(ヴィヴィアン・タム・レッド・ドラゴン)」をスタートさせました。龍の刺繍にスパンコールやビーズを使い、アジアンテイストとモダンスタイルを融合させた非常に個性的なスタイルを提案しています。
現在、ヴィヴィアン・タムの作品はピッツバーグのアンディウォーホル博物館、ニューヨークのメトロポリタン美術館博物館、ロンドンのビクトリア&アルバート博物館などにも展示されています。

ヴィヴィアン・タムのデザインの特徴

毛沢東や仏陀のイメージを用いたり、非常にカラフルでアジアテイストに溢れたデザインで知られているヴィヴィアン・タムのブランドコンセプトは、、「East meets West -東西融合-」です。
東洋と西洋、モダンアートとクラシックなど、相反するものを組み合わせ、独特な世界観を創造します。

モチーフは、ドラゴンや笹、桜など東洋的なものが多く、手作業による刺繍にスパンコールやビーズを配したりとアジアの伝統技法をモダンなスタイルに見事に変身させます。
しかし、これらのオリエンタル柄は、決してけばけばしくなく、シックな感じに取り入れていますので、落ち着いた大人の女性にすんなりとフィットします。

ヴィヴィアン・タムをネットから購入する事ができます

◆ヴィヴィアンタムをヤフーショッピングで見る

◆ヴィヴィアンタムを楽天市場で見る

「纏う人が自分自身の新しいイメージを表現できる服」を目標とするヴィヴィアン・タムのデザインは、各国のセレブから熱い視線を集めています。


スポンサーリンク


ページトップに戻る