HOME > ミキモト
head_img_slim

ミキモト

ミキモトの宝飾品の特徴は、徹底した品質基準です。


世界中の人々の美しく豊かな生活文化の創造に貢献

ミキモトは、創業者である御木本幸吉が、1893年に半円真珠の養殖に初めて成功したことが始まりです。
それまでは、真珠は世界でも想像もつかないほど、貴重で高価なものでしたが、養殖に成功したことにより、多くの人の手の届く存在になったのです。

御木本幸吉は、1899年に東京銀座に御木本真珠店を開設し、その後は各国の博覧会に真珠を出品するなど積極的な海外戦略を展開して行きます。

1905年には、新円真珠を発明。その後も海外へ進出して行きますが、ロンドンとパリの宝石商から「ミキモトの真珠は模造品だ」との非難を浴びます。
1924年にパリで行われた「本物か模造品か」というパリ真珠裁判に勝訴し、それ以後、「ミキモト・パール」の名は世界中に広まって行きます。
1951年に三重県の鳥羽に御木本真珠島を開き、今でも観光名所になっています。
また、1972年より社名を「株式会社 ミキモト」に改め、「国際的総合宝飾企業として、世界中の人々の美しく豊かな生活文化の創造に貢献する」を企業理念としています。
現在、ミキモトは、東京都中央区築地に本社を置き、宝飾品の製造、販売等を行っていますが、創業から100年以上が経った今も真珠の販売に関しては世界一のシェアを持っています。

ミキモト・パールの特徴

ミキモトの宝飾品の特徴は、徹底した品質基準です。 選び抜かれた最高品質のアコヤ真珠だけを使い、さらに同じ色、同じ光沢のものが選ばれ、イヤリングやネックレスが作られます。
全ての工程で厳格な基準が設けられ、また人間の裸眼でプロによる最終的なチェックが行われます。
このようなクオリティが世界中から信頼される「ミキモト・パール」のブランドの原点となっています。

パールは、主にネックレスやリング、ブローチ、イヤリングなどに使われますが、冠婚葬祭などのフォーマルにも、カジュアルにも合わせる事ができます。

ミキモトをネットから購入する事ができます

◆ミキモトをヤフーショッピングで見る

◆ミキモトを楽天市場で見る

「ミキモト・パール」は高品質なパールのアクセサリーを選びたいという中高年・シニア世代の女性におすすめのブランドと言えます。


スポンサーリンク


ページトップに戻る