HOME > レオナール
head_img_slim

レオナール

レオナールは美しい花柄のプリントが特徴です。


世界で最も美しいプリント

レオナールのブランドは、1943年にパリでジャック・レオナール(Jacques Leonard)がニット工房を設立したのが始まりです。
1958年、フランスのリヨンでテキスタイルへのプリント技法を学んだダニエル・トリブイアール氏が社長兼チーフデザイナーとして迎えられ、「レオナール」ブランドが生まれました。
レオナールは、当時困難とされていたニットへのプリント技術を開発したことから「花のレオナール」として有名になりました。
さらに1969年には、シルクジャージへの多色プリント技術を開発しました。
レオナールのプリントのモチーフはランやバラの花が原点になっていますが、近年はペイズリー柄やアニマル柄、幾何学模様、東洋の和を表現したものなど、新しいプリントも次々と発表され、「世界で最も美しいプリント」と評されています。

レオナールのプリントは、30以上の色を1色ずつ重ねていくシルクスクリーンの技法が用いられ、熟練したアトリエの職人によって作られます。そうして作られた色鮮やかな花柄のワンピースやドレスが人気商品となっています。
2001年には、フランス人の夫婦デザイナーユニット「E2(ウー・ドゥー)」をデザイナーに起用し、レオナールブランドのファン層が拡大しました。
現在はスカーフ、ネクタイ、バッグなどのアクセサリー類や香水、メンズウェアなども手がけ、レオナールのショップは世界16ヶ国に進出しています。
また、2003年頃から「和」をモチーフにしたプリントも取り入れられ、花や雲などの着物柄をあしらったワンピースが注目を集めています。

レオナールのデザインの特徴

レオナールブランドの創業時の目標は「世界一美しい花、ランを最高の生地である絹の上にプリントすること」だったと言われます。
そしてそのプリントに成功し、「世界で最も美しいプリント」と評されるレオナールは、日本では、特に40代以上の女性層に圧倒的に支持され、固定的なファンも多く、新作が入荷するとすぐに売り切れてしまうほどの人気です。

レオナールの花柄のプリントは、中高年・シニア世代の女性が身に付ける事により、よりいっそう華やかに魅力が増してくると言えます。

レオナールをネットから購入する事ができます。

◆レオナールをヤフーショッピングで見る

◆レオナールを楽天市場で見る

日本の着物の柄を取り入れたレオナールのプリントは、洋風のデザインと組み合わせる事により、新鮮な若々しいインパクトを与えます。


スポンサーリンク


ページトップに戻る