HOME > エルメス
head_img_slim

エルメス

エルメスのバッグは上質な素材が用いられ、スタンダードなデザインの美しさがあります。


「四輪馬車と従者」のロゴ

エルメス (Hermes) は、1837年にティエリ・エルメスがパリに開いた馬具工房がはじまりです。
1867年の第2回パリ万国博覧会で、鞍が銀賞を受賞し、1878年に開かれた第3回パリ万国博覧会ではグランプリに輝いています。この頃、エルメス社では、ブーツ、宝石、室内装飾項目などの製造も始めました。

1880年、2代目のエミール・シャルル・エルメスは、現在地のフォーブル・サントノレ通り24番地の角地に工房を移転ました。
1902年には、ティエリ・エルメスの孫にあたるアドルフ・エルメスとエミール・モーリス・エルメスが、商号を「エルメス兄弟社」とし、1903年にはエミールが、札入れ、財布、バックの製造を開始しました。

1922年に、エミール・モーリス・エルメスが、兄アドルフ・エルメスから会社の全所有権を買収し、商号を「エルメス」に戻し、1923年には、高級車ブカッティ用バッグとして、丸いラインが特徴的な大型バッグ「ブカッティ」の製造を開始しました。
さらに1927年からは、時計、衣服、旅行用品、宝飾品、香水などを手がけ、事業の多角化を展開しています。

1935年には、女優でモナコ王妃となったグレース・ケリーが愛用していた事から、後に「ケリーバッグ」と呼ばれる、「オータクロア」のハンドバック・タイプ「サック・ア・ロア」を発表しました。
1937年には、「カレ-モムニバスゲームと白い貴婦人」の名で初の絹スカーフを発表、その後、香水や時計、アクセサリーと次々に多角事業を展開して行きました。

1945年、「四輪馬車と従者」のロゴが商標登録され、現在まで使われています。
1951年にロベール・デュマが4代目社長に就任、1978年には、その息子ジャンルイ・デュマが、5代目社長に就任し、現在のエルメス社の代表を務めています。

エルメス社の日本進出は、前年の1983年に西武百貨店との合弁企業である日本法人「エルメス・ジャポン」を設立、2001年に、エルメス・ジャポン本社社屋に「メゾン・エルメス」がオープンしました。

エルメスのデザインの特徴

エルメスのロゴは、、馬具工房に由来するデュックとタイガーが描かれています。デュックは四輪馬車で、タイガーは従者のことですが、主人が描かれていないのは「エルメスは最高の品質の馬車を用意しますが、それを御すのはお客様ご自身です」という意味が込められているためという話はあまりにも有名です。

エルメスの特徴のひとつは、厳選された素材が何十種類もあり、またカラーも豊富なことです。デザインもスタンダードなものが多く、長年に渡って愛用する事ができます。
女性の憧れのバッグと言える「エルメス ケリー」は、使うほどになじんで行く上質感が人気となっています。また、フランスの女優、ジェーンバーキンのために考案されたという、収納性の高い「エルメス バーキン」は、製造工程も複雑で、日本の店頭では、なかなか見る事ができないとさえ言われています。

エルメスをネットから購入する事ができます

◆エルメスをヤフーショッピングで見る

◆エルメスを楽天市場で見る

エルメスのバッグは、全般的に幅広い年齢層に支持されていますが、中高年・シニア世代の女性にとっても憧れのバッグと言えるかも知れません。


スポンサーリンク


ページトップに戻る