HOME > ルイ・ヴィトン
head_img_slim

ルイ・ヴィトン

ルイ・ヴィトンは、世界中で愛されているブランドです。


ルイ・ヴィトンのモノグラム・ライン

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)は1821年にフランスのジュラ県内アンシェイ村で生まれました。
家業は粉屋でしたが、14歳の時に養母と折り合わず家出をし、働きながら旅を続け、パリへ向かいました。1837年に到着したパリでは、荷造り用木箱製造兼荷造り職人の見習いとなりました。
その経験を元に、従来の蓋の丸いトランクから、積み上げる事が容易な平らな蓋を持つトランクを考案しました。また、素材は皮より軽く、防水加工を施したキャンパス地を使用しましたが、これが「水に浮くトランク」として評判を呼び、ナポレオン3世の皇妃が、旅行用衣装箱を発注したことから、さらに名声が高まりました。

1854年に独立して、パリのカプシーヌ通りに旅行鞄では世界初のアトリエ「ルイ・ヴィトン」を設立しました。またこの年に結婚をしました。
1867年、パリ万国博覧会で銅メダルを受賞しましたが、この頃から模造品が出回るようになりました。
1888年に、二代目ジョルジュ・ルイ・ヴィトンが日本の市松模様をヒントに「ダミエ・ライン」を考案し、1896年には、ダミエのコピー商品を防ぐために、「L」を「V」と花と星を組み合わせた「モノグラム・ライン」が作成されました。これが現在に至るまで、ルイ・ヴィトンの定番柄となっています。

1987年には、ヘネシー社と合併し、LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)グループが誕生しました。
1914年に、パリのシャンゼリゼ通りに世界最大のトラベル・グッズ専門店をオープンしました。
1997年、ニューヨークのデザイナーであるマーク・ジェイコブズを起用し、アパレル分野に進出し、当業界に衝撃を与えました。ルイ・ヴィトンの服作りのコンセプトは、「機能的かつ実用的であること」で、初コレクションから大評判になりました。

日本への進出は1981年にルイヴィトン・ジャパン設立し、2008年9月に、コムデギャルソンとの期間限定ショップ「ルイ・ヴィトン・アット・コム・デ・ギャルソン」を東京・青山にオープンしています。

ルイ・ヴィトンのデザインの特徴

ルイ・ヴィトンは、世界的で愛されている、大人気のブランドです。
特に旅行鞄やバッグ、財布などの皮革製品に人気がありますが、確固としたブランドイメージとともに、丈夫で長持ちするという製品の耐久性にも信頼がおかれています。

ルイ・ヴィトンをネットから購入する事ができます

◆ルイ・ヴィトンをヤフーショッピングで見る

◆ルイ・ヴィトンを楽天市場で見る

近年では、プレタポルテやファッション小物の分野にも力を入れており、洋服の他、サングラス、アクセサリー、靴、などもルイ・ヴィトンで揃えることができるようになっています。

スポンサーリンク



ページトップに戻る