head_img

より若々しく、よりアクティブに!

中高年・シニア世代の女性が選ぶブランドは、年齢を感じさせない若々しいものに進化。

photo 中高年・シニアの女性のファッションが進化しています。
40代~50代の女性は、大人としての魅力を備えているだけでなく、「自分に何が合うか」をしっかりと把握しており、60代~70代の女性は、型にはまらず好きな物を身に付け、人生を思いっきり楽しみたいというライフスタイルがファッションに反映されています。
そんな中で、お気に入りのブランド品との出会いは、今後の人生をますます輝かせてくれる事でしょう。

「中高年・シニア向けブランド専科」では、中高年、シニアの女性の方向けに、ファッションや化粧品、バッグや小物類、アクセサリー類などのブランドに関する情報をお伝えして行きます。
それぞれのデザイナーの生い立ちやデザインの特徴を知る事により、お気に入りのブランド品を選びやすくなっています。
また、「このようなものは、自分に合わないのではないか・・・」といった先入観を捨て、「着たいものを着る。身につけたいものを身につける」といったスタンスで、ブランド品を選ぶ事により、新しい自分を発見する事ができます。 あなた専用のブランドを是非、発見してください。


 

おとな可愛いファッション

50代女性を中心に「可愛い大人」という価値観が広がっています。 今までは、中高年の女性は「ミセス」とか「マダム」という呼称で「しっかりした大人の女性」というイメージでしたが、最近では「可愛い」が優先されるようになってきました。

そんな中で、中高年・シニア世代の女性の選ぶブランドは、むしろ年齢を感じさせないものになってきています。10代や20代女性が選ぶブランドを身につけてもまったく問題ないと言っても過言ではないでしょう。
このサイトでは、特に40代~70代の女性に人気のあるブランドを中心に紹介しています。

【中高年・シニア女性向け ファッションブランド】

中高年・シニア世代の女性に人気のある「ファッションブランド」としてはまず「マーガレット・ハウエル」があげられます。上質な素材にこだわり、着ごこちや機能性を重視しています。
また、「ヨシエ・イナバ」は、日本のブランドですが、「粋でシックな大人の女性」をテーマとしています。
花柄のプリントが美しい「レオナール」、超一級品の英国調のコートが定番の「オールドイングランド 」などは、1着持っているだけでも人生を豊かなものにしてくれます。

【中高年・シニア女性向け 化粧品ブランド】

「化粧品」のブランドでは、富士フィルムが開発したアンチエイジングを主目的とした女性のための基礎化粧品、アスタリフト(ASTALIFT)の人気が急上昇しています。
身近な植物の力を化粧品に生かし、すべて天然成分にこだわって作られている草花木果(そうかもっか)は、自然派化粧品として、中高年・シニア世代にも変わらぬ人気を誇っています。
また、カネボウのエビータ(EVITA)は、カネボウ化粧品が2009年9月1日に、50歳からの女性を対象に「高保潤」エイジングケアとして発売したシリーズです。
ドクターシーラボは、ドクターズコスメの中の人気ブランドのひとつですが、皮膚科、形成外科、美容外科などの医師によって研究・開発された化粧品です。

【中高年・シニア女性向け バッグ・靴・小物 ブランド】

中高年・シニア世代の女性向けの「バッグ・靴・小物」ブランドでは、ベーシックなデザインで、どんな洋服に合わせてもコーディネートしやすいルイ・ヴィトンがあげられます。
また、皇室御用達として有名な濱野皮革工藝(HAMANO)のバッグは、モダンでありながらシンプルなものが多く、フォーマルにもカジュアルにも対応する事ができます。
幅広い年齢層に支持されている、エルメスのバッグは、中高年・シニア世代の女性にとっても憧れのバッグと言えるかも知れません。
ピンクやゴールドなどの刺激的な色合いが多いシャネルのバッグは、デザインがシンプルであるため、どんな服装にもコーディネートしやすいという特徴があります。

【中高年・シニア女性向け 時計・アクセサリーブランド】

「時計・アクセサリー」のブランドでは、大人の女性のためのリングとして、Tiffany Celebration Ring(ティファニー セレブレイションリング)があります。
ブルガリの財布や腕時計のデザインは、シンプルでありながら斬新で個性的な上、実用性や機能性も備え、気品があるため、年齢を問わず身につける事ができます。
カルティエのジュエリーは、様々なデザインと種類が豊富にありますが、見る人にゴージャスでエレガントな印象を与え、「宝石商の王」としての威厳を感じさせます。
すぐれたカット技術、研磨技術から生まれるスワロフスキーのクリスタルアクセサリーは、「第二のダイヤモンド」とも呼ばれ、世界中の女性を魅了し続けています。


 

ページトップに戻る